Parmacy Suzu

自分を成長させてくれる会社

私が研究職やMRではなく、薬剤師として調剤薬局への勤務を希望したのは、患者様ととても近い距離で、より良い生活を送ってもらうためのサポートを実施できるからです。 私が就職活動をした時に重要視したポイントは2つです。 まず1つ目は多くの薬剤に触れることができるという点です。門前の病院に関する偏った知識だけではなくどの薬局でも仕事をこなせるような薬剤師になるためのスキルアップができるような会社を探しました。ファーマシーすずは、門前に整形外科・内科・透析といった幅広い医療機関があります。 また、他の店舗にヘルプで出向く機会が多くあるのでこれらの処方箋全てに触れることができます。

2つ目は薬局内での調剤、投薬だけではなく「在宅業務」を実施しているということです。 大学時代の実習先の薬局では残念ながら在宅業務を実施していませんでした。多くの薬局が在宅業務にまでは手が回らないというのが現状です。薬局の業務の中でこれから大きなウェイトを占めていくことになるであろう在宅業務に私は大変興味がありました。 しかし、在宅業務には同時に不安も感じていました。私は普段、車の運転をしないため免許を取ってからブランクがあるということです。今は薬局での仕事が午前上がりの日に助手席でサポートしてもらいながら社用車で練習をさせてもらっています。本人の幅広い要望に応えてくれるだけでなく、自分を成長させてくれていると実感できることがファーマシーすずという会社の強みだと思います。

すず薬局 六丁の目店 足利亮

懐の深さがこの会社の魅力です

『ゆくゆくは独立を視野に入れています。』まだ学生だった頃の私は、この会社の人事担当の方にそう言いました。それは暗に、いろいろお世話になったとしてもいずれはこの会社を去ります、と宣言しているようなものです。普通ならいずれ辞めるとわかっている人をわざわざ採用したりしませんよね?この会社のために自分の一生を捧げます!くらいの意気込みのある人を採用したいと思うのが会社の本音だと思います。すず薬局と出会うまで、地元である青森において多くの薬局の人事の方とお話しさせていただきましたが、最初は皆独立を後押しするから入社してくれと言ってくださいました。しかし、話が進むにつれ、やはり我が社を大きくすることに尽力してくれ!という本心が見えてきました。これは会社として当然なことだと思いますし、無理を言っているのは自分であることは承知していました。そんな時、ファーマシーすずに出会い、独立支援やそのために必要なノウハウに関してのお話をしていただきました。そのお話は大変魅力的なもので、入社前の私が聞いていいものかと思うくらい具体的な内容でした。しかし、私がファーマシーすずに入社する決め手となったのは、独立支援に関するお話があったこと以上に、無理なお願いを通してくれる寛容さと懐の深さを感じたからです。

社して3か月が経ち、この優しさや思いやり、包容力はどこから来るのだろうと改めて考えてみました。まず第一に思ったのは、職場内がいつも笑顔であふれているということです。自分たちが笑顔でいられる環境、充実した毎日を過ごすことができる環境が保たれているからこそ、その笑顔を患者さんにも還元できているのだろうと感じます。普段から職場内に溢れている笑顔が自然と患者さんの前でも出ているため、少なくとも私は笑顔で患者さんと接しようと意識したことはありません。  もう一つは、“積極的な行動から生まれた失敗を称える”という考えがあるからだと思います。組織に属していると、どうしても全体の迷惑とならないように無難な行動をとりがちですが、このような無難な行動、ミスを恐れての萎縮した行動は、現状維持や当たり障りのない対応で留まらせてしまうように思われます。しかし、先ほどの考えがあるおかげで、思考が制限されず自由な発想が生まれ、積極的に行動できるようになるのだと考えています。こうして社員全員が充実した毎日を送ることが、私が感じたような寛容さや懐の深さに繋がっているのではないかと思います。  まだ新人ですが、これからたくさんのことを吸収し、充実した日々を送れるように努力したいです。

すず薬局 六丁の目店薬剤師 西村速人

会社と共に自分自身が成長し、自分と共に会社が成長する環境

調剤薬局を選ぶにあたって大手にするか中小の企業にするかという2つの選択肢がまず考えられると思います。私は大手には型にはまりどうしても労働力としての扱いを受けるイメージがあったのですが、その点中小企業はある程度自由な発想で物事に取り組むことができる部分があると思い、中小企業であるファーマシーすずを選びました。 実際に入社してから第一に思ったことはとにかく社員間での仲が良いところです。学生の皆さんは「これからの薬剤師は高いコミュニケーション能力が求められる」という声を何回も聞いていると思いますが、まずは社員間でいかにコミュニケーションを取れるかというのはとても大切なことです。ファーマシーすずでは調剤事務や上司、多店舗のスタッフ等立場の垣根を越えたコミュニケーションがとれており、これが風通しの良さにも繋がっていると考えています。また、大手に比べると会社の規模も小さいため、自分の行動で薬局が変わり、それによって会社が変わっていくというのが実感しやすく、会社の成長に関わっている一人という意識を強く持てるため、毎日のモチベーションにも繋がっています。

積極的な提案について上司はNoとは言うことはなく、様々なことにチャレンジできる環境が整っているのも魅力です。積極的な在宅医療への取り組みなど、これから先の調剤薬局をしっかり見据えているのも強みの一つでしょう。私は入社してまだ1年目ではありますが来年には新規店舗の立ち上げに関わる事にもなっており、様々な経験が出来ることに今からワクワクしています。 会社と共に自分が成長し、自分の成長と共に会社が成長していく。ファーマシーすずにはそういった環境があります。是非一度見学に来ていただき、その雰囲気を肌で感じてみてください。

すず薬局 六丁の目店薬剤師 斎藤

一緒に働きませんか?